浴室のコバエ!!

HIRAI美装の平井です。

今回は、[浴室のコバエ!!」のお話です。

コバエって室内で観かけたことってありますよね? なんか目障りで気になるヤツです。

普段目にするハエよりも小さく、小さいから「う~ん、排除できてないけどいっかぁ~」って見逃したけどやっぱり気になるヤツです。

チョウバエと言うらしいです。日本でもチョウバエ科には50種類いてその中でも代表的なものではオオチョウバエとホシチョウバエ」の2種類がよく見られるそうです。

オオチョウバエ成虫の体長は4-5mm、幼虫は体長8-9mm、卵は2日ほどで孵化し、幼虫期間約10日を経て蛹になり、3~4日で成虫が羽化

ホシチョウバエ:成虫の体長は1.3-2mm、幼虫は体長8mm、卵は2日ほどで孵化し、幼虫期間9-15日を経て蛹(さなぎ)になり、2日後には羽化

オオチョウバエの幼虫は汚泥中に潜り、呼吸管を空中に出して呼吸します。そのため成虫に比べて発生していることが分かりにくいオオチョウバエの場合、27℃の環境では、卵の期間が約2日、幼虫の期間が約10日、蛹で3~4日程度。成虫の寿命は2週間程度ですが、雌成虫1匹あたりの産卵数は200以上に及ぶこともあり、1年間に5~6世代を繰り返します。大量発生しやすい害虫なので、数匹だからと油断せずに早めに退治・駆除しておくことが重要です

だ そうです。(^▽^;)

なんでこんな話をするのかと言いますと、以前に浴室のコバエ何とかならないかとご相談されたことが有りましてその時は浴室内の洗浄と除菌をさせて頂きました。が基本的に卵を産み付ける場所が浴室だけではなくキッチン、洗面所、トイレ、洗濯機盤などの水廻りが多くそこだけを清掃したからでなくなるわけではないと説明はさせて頂きました。

一匹でも見かけたら出来るだけ駆除を薦めます。

 

自己紹介動画、 良かったら観て下さい。

関連記事

  1. エアコン約一年使用後の検証!!

  2. エアコンクリーニング

  3. キッチンシンクのお手入れ

  4. キッチンの壁タイル清掃

  5. マルエツ四季の森フォレオ店 案内図

  6. ハイター等の次亜塩素酸溶液

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA