初めてエアコン洗浄を頼むときの注意点!⑵作業内容

こんにちは! HIRAI美装の平井です。

前回お話した初めてエアコン洗浄を依頼する時に気にされるのは

⑴金額設定 ⑵作業内容 ⑶作業時間  だと思います。

今回は「初めてエアコン洗浄を頼むときの注意点!⑵作業内容」というお話です

前回もお話しましたが、あるお客様から

「安い金額で頼んだらちゃんとやっていかずエアコンをチャチャっと拭き掃除だけやって帰っていったんだ!だったら個人でやってる業者の方がいいのかねぇ~!」

とご夫婦で相談されご依頼されました。

多分ですが、たまたまだったのではと思います。私の予想ではチラシ等に

「この金額でエアコン清掃します!」 

と書いてあり依頼されたんだと思いますが、テレビなどで観る作業とは違い驚かれたんだと思います。

その業者さんも騙すというよりは簡易的な清掃金額で募集をかける際、たまたま過大メッセージにとられるチラシ等を配り誤解されたのではと思います。

なぜなら我社もチラシ製作の時は、「どうしたら お客様がふりむいてくれる?」と 試行錯誤してるからです。

ですからエアコン分解洗浄を依頼する際には

「作業は内部まであらってくれるの?」 「どこまでやってくれるの?」

などを業者の方に確認して下さい。 大抵は

「高圧洗浄で洗浄します。」「それならば高圧洗浄作業になるのでお値段が変わります。」

などの回答がくると思います。色々あると思いますが  この時に魔法の言葉を使って下さい。!

魔法の言葉:「アルミフィンとファンは洗浄してくれるの?」

アルミフィンとは皆さんもご存知かと思いますが、エアコンカバーをあけてエアーフィルターを外したら見える部分です。(お掃除機能付きはお掃除ユニットを外さないと見えないものがほとんどです。)※詳しいことはそのうちアップします。

 

 

 

 

 

 

このアルミフィンは熱交換器と呼ばれこの部分で冷却・温めを行っています。ファンはキッチンの換気扇と同じ役割でエアコン内部に空気を循環させるクロスフローファンで循環させてます。この二ヶ所が重要なのでこの魔法の言葉を唱えれば正確な回答が得られると思います。

これらの専門用語を言われると業者の方はビックリすると思います。(私 ビックリします。)

専門用語で尋ねられると

「う~ん 知ってますね~」

と思い いい加減な事は話さないと思います。

ちなみに我が社では必ずエアコンの試運転後、エアコン本体を掃除機に延長ホースを取付、エアコン本体の埃を掃除機で吸ってから解体を始めます。その理由は出来るだけエアコンの埃を部屋に撒かない為です。現在コロナの影響もあり出来るだけお客様に不快感を与えないよう行っています。

その後エアコンの分解をして、エアコン、壁や家具などの養生をして洗浄させて頂きます。

もしもエアコン洗浄の業者さんに依頼する際、作業内容に不安がある方は一度 魔法の言葉を使ってみてはいかがでしょうか?

「初めてエアコン洗浄を頼むときの注意点!⑵作業内容」

と言うお話でした。

それでは失礼します。(@^^)/~~~

お問い合わせ はこちら 

 

 

 

関連記事

  1. どの部屋のエアコンが一番汚れるの?

  2. エアコン分解洗浄される前に確認してほしい事!!

  3. エアコンのサイン?

  4. 初めてエアコン洗浄を頼むときの注意点!⑶作業時間

  5. ローゼン左近山支店 案内図

  6. いなげや横浜南本宿店 案内図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA